彼氏欲しい21歳女子大生の日記

逆算してみた。
なにを?
というと、それは私があとどのくらいの年月、恋愛ができるか、についてだ。

世間の考えはよくわかる。世の中には平等なんてないのに、その幻想を掲げて男女平等を謳い文句にし
女に仕事をさせようとしている。女は社会にでて働け、金を稼げ、経済活動に貢献しろ。自立しろ。
うんうん、よくわかります。
世の中というのは、景気がよいときは女は家にいろ、といい
不景気になると女も働けというのよね。しかもその上で、結婚しろ子供も産め、家事もしろ、少子化をなんとかしろ。とかいうのよね。
ホント虫のよい話だわ。
どんだけ求めてくるのよ。男と女はまったく違う生き物なのよ、平等なんて存在しない幻の夢を私は現実で見る気は毛頭ない。

男は出世して金があれば年をとっても恋愛できるかもしれない。でも女はそうはいかない。

若い時に思う存分、恋愛してなんぼだ。
彼氏欲しい。もっともっと彼氏欲しい。
私には現在約四人の彼氏がいる。
なぜ約をつけたのかというと、正確な人数がうろ覚えだから。たぶん四人であっている。
でもこれだけじゃあ満足できない。

彼氏欲しい。十人までなら私は当時に付き合える。
一度に何人も愛せることができるのは、お得な性格だ。

どうして愛を一人の人にだけにしか、注いではいけないの?
そんなこと誰が決めたのかしら。
社会通念とか道徳や倫理観なのかしら。
でもそれって結局は世間という、他人の価値観でしかない。そんなの私の価値観ではない。
自分じゃないものを引き受けようとはさらさら思わない。

仕事や出世には子供のころからまったく興味がなかった。
ただ恋愛。興味の対象はずっと、これ。
こんな考えの私が将来、どうなるのかはわからない。

ただ、恋して愛して、人生を楽しめるだけ謳歌したい。
私は人間が大好きだから。